2015年、振り返り。10大ニュース。


 一月も半ばになりましたが、忘れないうちに昨年をまとめておきます。





 昨年のまとめ、ひとまず10大ニュース形式で。
 (重要度とかは特になく、順不同)


1.息子、幼稚園卒園、小学校入学。
 2015年は、息子の卒園と入学が大きな変化でした。
 とりあえず、本人は楽しく学校に通えたし、学校の準備やら朝のしたくやらも自分でやってるので、助かってます。


2.娘、緊急入院。
 7月頭に、熱を出した娘を大きめの病院に連れて行ったところ、喘息の診断が下り、状態があまりよろしくないとその日から入院することに。
 前日に熱で受診した息子は、同じく喘息診断が出たけど帰宅OKだったので、娘も帰宅して様子見だと思ってたので予想外。
 娘の付添を離れることができず、学校に行っていた息子の帰宅時に家にいない状態になり、
 夫もすぐには帰られないと言うことで、斜め下のおうちの方に連絡とって伝言を頼んだりとばたばたしました。
 別に大病というわけではないので、そういう心配はなかったし、翌日は土曜だったので色々助かりました。
 娘も、点滴と吸引で五日ほどで退院。

 息子も娘も初めての喘息診断だったのですが、どうも昨年の梅雨の長雨の影響だった模様……。
 その後は症状は出てません。
 どちらにしても二人ともアレルギー体質に高い数値が出てるので、当分は気をつける必要ありです。
 (喘息はないものの、二人とも生まれてからずっと皮膚科通い、ここ数年は耳鼻科通いです……)

3.私、緊急入院、即日全身麻酔で手術。
 娘の入院の約一ヶ月前、夜中からの腹痛で内科を経て総合病院に行き、急性虫垂炎(盲腸)と言うことで、即日入院手術となりました。
 この日は夫が仕事からとんぼ返りしてくれて、昼くらいには病院に到着し、手術や入院の手続きをあれこれしてくれて助かりました。
 入院手術、それにまつわる子供や生活対応についてはブログに書いたのでそちらで。


4.私、子供を産んで初めての友人と一泊旅行。
 5月、マダレナさんと心屋のイベントに一泊で福岡へ(笑)
 お互いに、子供を置いて友人と一泊というのは子供ができて初と言う記念すべき決行でした。
 一泊、しかも福岡くらいなら、どうとでもなる状態になった(子供が成長した)というのもありがたいことだなあと感じつつ、
 貴重な時間を堪能しました。

5.やりたいことを再開し、第一段の結果が出る。惨敗。
 一昨年後半から始めていたやりたいことの結果が昨年半ばに出て、惨敗。
 正直、もう少しどうにかなるんじゃないかと思っていたので、結構へこむ。
 その後の作業に迷走が生じ、すごい作業が遅くなりましたが、やれることをやる、努力あるのみです。


6.小学生の生活パターン作りにあれこれ。
 息子が4月から小学生になり、習い事を始め、宿題が始まり、と色々変化があって、
 あれこれと、息子と調整しつつ学校以外の時間の過ごし方について試行錯誤を重ねました。

 基本的に、息子は余力がないと余裕を持って過ごせず、パニックやグズりがひどくなるので、
 過ごし方のルール作りをしています。
 そのルールを状況に応じて変えるのに一年通じて取り組んでいた感じ……。(季節によって時間帯の変更などがあったため)
 幼稚園と小学生の差を強く感じたことの一つかも。

 本人の自主性や希望と、生活リズム、習い事などのやらなければならないことをどうすりあわせるか。
 これはたぶん今後も続くし、娘は娘でまた違うパターンになるだろうなと予想してます。


7.妹が出産。甥っ子誕生。
 9月に妹が出産し、甥っ子が誕生。息子と娘が待望にしていた、いとこです。
 赤ちゃんはかわいいなあ。うちにあった(もしくは実家に保管されていた)赤ちゃん用具が一式流れていきました。
 いとこ同士の交流が今後楽しいものになることを願いつつ。


8.義母が初めて我が家に。
 私が入院したときは、実母が仕事を休んで子供の世話に来てくれたのですが、
 翌月娘が急に入院になり私の付き添いが必須だったので、義母が平日数日きてくれました。
 実は、我が家に義母が来るのは初めて。(一昨年まで仕事をされていたのと、義祖母が在宅なので)
 家の中は何も片付けなどしていなかったのだけど、娘の付き添いでそんなことをあまり気にする余裕もなく、
 家のことをあれこれしていただき助かりました。


9.子供にゲームを与える。
 息子が小学生になったのを機に、家にあったDS(親の所持品)を与えて、スーパーマリオを始めました。
 当然ながら、ゲームにはまり、ゲームのルール作りもあれこれと試行錯誤。
 後半にはスマホゲームも親と一緒にやるように。
 12月に、子供二人分と言うことで3DSを購入し、妖怪ウォッチを始めました。
 今のところ制限時間とルールはぼちぼち守れているので、このままで様子を見ます。
 3DSはネット接続ができるので、徐々にネットリテラシーについての教育も考えていかなきゃなと思ってますが、まだ先ですね。
 その間に、親が機能についてある程度把握しておかないとなと思ってるところ。

10.小学校の交友関係、先生との距離感が難しかった!
 幼稚園生の、園以外での子供同士野遊びにはたいてい親がくっついていくわけですが、
 小学生となると、子供だけで遊ぶことも出てきます。
 友達の家に遊びに行く、放課後に公園へ行く、遊びの中でのトラブルやけんか、
 学校でのトラブルなど、
 男の子の行動範囲とか、遊び方がよくわからないのもあり、どこまでどう親が口を出すか、関知するか、ほんとわからず迷いました。
 幼稚園は先生との距離感も近いけど、学校では顔を合わせることはPTAくらいで、個人的に話す機会もないので
 周囲に色々意見を求めたりしつつの一年だったなあという感じです。
 このあたりは、二年生以降になればまた慣れも出てくるのかな。
 なんにしても、幼稚園時代とは違い、親はまず「どんと構える」必要があることを学んだ気がします……。


余談。
ここ数年、片付け、タスク管理、手帳術、ライフオーガナイズ、メンタル管理(コーチング、心理学、自己啓発、人間関係、カウンセリング、育児、教育関連)の学び、講座の主催などなど色々やってきたわけですが、
一昨年から昨年は、結構集大成な感じでした。
昨年10月にかなり大きな気づきがあって、ひとつ壁を超えた感じ。
先日、「嫌われる勇気」を再読していたら、自分が何に気づいて何を超えたのかが明確になりました。
だいぶフラットに物事にあたれるようになってきたなあと感じてます!

読んだ本で良かったものなどもあれこれあるのにほとんど紹介できずにいますが、
振り返りつつ、紹介もしたいなあと思ったりしてます。

さー、今年は身軽にやっていこうと思います。

この記事へのコメント