【車のトラブル】スマートキー(リモコン型のキー)の電池切れ対処法。

 車の記事が続いたので、以前ディーラーで聞いて、
 今回電池切れキーを使って試してみたので書いておきます。

 車のトラブル記事。





 車のスマートキー(と言うんですね)を使い始めて早10年近く、電池切れが何度か来てますが、
 以前、ちょうど点検中に「電池が切れそうなんです」と言って見てもらったことがありました。

 そのとき、教えてもらったのですが、

 キーの電池が切れても車を開ける方法、エンジンをかける方法があります。
 (あ、うちはTOYOTA車なので、TOYOTAの情報を上げてますが、他のメーカーも似てるようです。後ほど………)

 まず、キーは、よく見ると物理キーが内蔵されています。
 鍵マークが表示されているところを押して、キーホルダーなどをつけるリングを引っ張ると外れます。
 (車種などによって微妙に違うかも?)

 運転席の取っ手には物理キーの鍵穴があるので、そこからロック、ロック解除が可能です。

 エンジンのかけ方については、こちらにも記載がありました。

 ずっと試す機会がなくて忘れてたのですが、
 昨日、電池切れのキーしか手元になく、車に乗るのに試してみました。

 まず、

 1.スマートキーから物理キーを外す
 2.運転席の鍵穴から車のロックを解除する
 3.運転席に座り、スマートキー本体のトヨタマークをエンジンボタンに触れる
 4.ブレーキを踏む
 5.エンジンボタンを押す

 で大丈夫でした。

 一度目はもたもたしてたら、警告音が鳴り響き始めてちょっと焦りましたが……。
 (ロックを鍵で開けたこと? ブレーキ踏むのが早かった? 認識ができていないままエンジンボタンを押した? よくわからなかったです)

 「作動表示灯が緑色に点灯後」って何かなーと思ってたのですが(無知)、
 駐車動作中とか、路肩に一時停車するときに点灯させるハザードでした(ほんと無知)。


 今回の電池切れは、ちょっと前から、カバンの中に入れているとロックの反応が悪いなど、「電池切れっぽいな……」と予測がついていたのですが、突然切れてしまったら慌てると思うので、知っておくと安心です♪


 ついでに電池替えも、簡単に行えます~。


 物理キーを外したら、スマートキーをぱかっと二つに外すと中にボタン電池が入っているので交換するだけ。

 こういうブログも見つけました。
 参考になります~。

 こちらはスズキの車でした。

 車種などによって多少の差はあるみたいですが、参考になれば~。

 ってみんな知ってるのかな。

この記事へのコメント