【片づけ】手放しつつ、手に入れてもいます。

 4月10日に下書きしてた記事ですが、UPしてみます~~。


 『【片づけ】絶対手放せないと思っていたものを、最近処分しています。

 こんな記事を書きましたが、

 手放しつつ、実は新たにモノを手に入れてもいます。

 吟味に吟味したものもあるし、衝動的にというものも、あります。

 それじゃ結局、手放してる意味がないんじゃ

 という思い込みは、手放しました。

 もちろん、最初は物を捨てたり、要らないものを売ったりする方に集中してたのですが、さすがに失速してきたのですよね。

 ついでに、家族のものには手を出せません。
 出しません。
 これは、もう片づけの上ではどの本にも書いてあるけど、鉄則です(笑)

 だって、私、自分の私物を他人(家族含む)に触られるの、
 本当に嫌で嫌で仕方ないのです。

 だったら、他人のものは本人に任せるのが一番ですよね。

 そろそろ自分のものは限界が見えてきたし、
 子どものものもだいぶ整理がついたし(まだ子供が管理できない思い出物とか、折り紙などのストックの保管とか)。

 ということで、売れるものは売ったなあと思ってるけど、再度本の見直しに着手しました。
 なぜか。
 どうしても、部屋に本が乱雑に積み重なるからです。

 で、色々考えたのですが、
 今まではクローゼット&90センチ高さ、60センチ幅の本棚に納まる範囲に本を押さえようと思ってました。
 ちょっとあふれて、カラーボックスを一段使ってました。

 ちょうどときめきの魔法2を読みました。


 もしかしたら、まだ減らせるのかもと思って、
 見てみたけど、
 減らせなかったんです。

 でもいいや、って思いました。

 目的は、物を減らすことではなくて、
 自分が心地よく快適に暮らすこと。

 と考えた時に、
 本が大好きな私が
 一番望んでるのは、
 この本を、いつでも全部見ることができて、選べることだなって思ったんですよね。

 ということで、本棚を購入しちゃいました。

 迷ったんです。高いし!
 何せ転勤族だし。

 引っ越しして次の部屋で使えるかわからないし。

 だから、今まで買い足す家具は基本的にカラーボックスと引き出し式の収納ケースが多かったのです。
 (キッチン周りは鹿児島に引っ越した時に必要な分買い替えたりしましたが)

 だけど、本が減らせないなら、いいや。
 その買う予定にしていた本棚に並べた時にどの程度おさまって、どの程度は見でるかもシミュレーションしてみて、決めました。

 白にしました。

 ずっと、本の背表紙が焼けるのが嫌だな~と思っていたので、扉つきにしました。
 手持ちの本を収納するだけでほぼいっぱいいっぱいではあるのですが、ひとまず大満足です。


 唯一空いている下から2段目は夫のマンガで、30冊くらい人に貸しているので空いているだけです(笑)

 他にも家の中を居心地良くしようと色々購入したのがあるので、UPしていこうと思います。

この記事へのコメント

  • naomama

    TITLE: 1. お久しぶりです。
    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。子どものことでずっとバタバタしていましたが、ようやく落ち着いて、久しぶりにお邪魔しました。

    片付けですが、先週の日曜に取り掛かりました。子ども部屋を、長男と一緒にやりましたよ。必要のないものがゴミ袋二つ出てきました。学期ごとに見直していたのですが、今回はちょっと大掛かりでした。

    今度は自分のものを見直して、いらないものは処分しようかと考えています。一年前に押入れの中のものをチェックして、処分したのですが、1年経つときっとまた処分できるものがあるはず。と思っています。

    それからブログの更新、お疲れ様でした。その時々の優先順位ってありますよね~。今度はいろいろなことにチャレンジできますね。(^^)
    2014年06月18日 21:04
  • naomama

    TITLE: 2. 付け加えます。
    SECRET: 0
    PASS:
    ちなみに先ほどのコメントで、子ども部屋の片付けと書き込みしましたが、長男が自分で分別しました。本棚や学習机を動かしたので、私は掃除機をかけたり、拭き掃除担当でした。
    2014年06月18日 21:07

この記事へのトラックバック