【10年日記】始めて一ヶ月が過ぎ、気づいたこと3つ。

 10年日記を始めました。

 今年は途中経過を書いてみようと思います。
 ということで、始めて一ヶ月が過ぎました。

 元旦から実家にいたので、帰省中は1月1日からEvernoteにメモしてました。

 帰ってきてから書き始めた感じです。

 思ったより、すぐ書ける。

 1月は、28日書いていました。(書けていな日もありますが、まあそれはそれ。あとから埋めても可。埋められなくてもいいか、という感じです)

 Evernoteに書いた分は書き写していないのですが、一月半ば以降は結構習慣化してきた感じです。

 夜、子供を寝かしつけてから洗濯物を干すことが多いので、干し終わったらちょっとPC机のところに行って、今日の出来事を書くという流れが自然にできました。
 そんなに抵抗感もなく書けてるなあという感じです。


 次の日になるとぐんと書くハードルが上がる。

 書き方を特に決めていないので、思いつくままに一日の動きを時系列で書いています。
 何時に起きて、朝、昼、夕方、何をしたとか。そういう感じ。

 これが、当日の夜なら結構さらっと書いて追われるのですが、次の日に書こうとなると、すらすらと行かないのです。逆に、無駄に長くなったり。
 当日に書く方が楽ですね~。
 そう思うとさらに書きやすくなりました。

 書き方は決めていないから楽。

 項目ごとにメモを書くとか、点数をつけるとか、箇条書きにするとか、問題点と改善点を一つずつ書くとか、色々書き方もあるとは思ってましたが、どうするかを決める間もなく年が変わったので、とりあえず思いつくままに書いています。
 書いてみると私は心情記録というよりは(そういうのは別で書いているから?)、行動記録みたいな感じです。

 当然、日によって外出するかどうか何かが違うので、長さもまちまちです。1日4行ですが、最大12行くらい書いたりもしています(子どもが体調を崩した日で、子どもの様子と併せて何をしたか書いていたら長くなった!)

 どう書くか、決めてると楽なこともあると思うし、記録としては積み重なっていったときに利点はあると思いますが、今は、寝る前にぱっと書くので、何をどう書くか考えなくて済む方が楽です。

 こんな感じで、ボチボチ続けてます。
 負担に感じてないので、始めの一ヶ月としてはいい状況じゃないかなと思います。

 目的は、生活改善のため、とかではなく、日記を書くことそのものなので、やりたいようにやっていこうと思います。
 10年もあるので、書き方も途中で色々変わるかもしれないし、それもまた日々の流れですね。



 こんな5年日記なんかもあります。(デザインがいいな~)


 これは、毎日質問があってそれにこたえる形の連用日記。ちょっと楽しそうと思います♪

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック