【読書記録】2014年1月。

 これで全部ではないですが。読書記録もブログに転記しておくことにします。

 あれ、マンガが入ってないな…。進撃の巨人12も読んでました。
 (ブクログには全部メモってる…)

2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1217ページ
ナイス数:19ナイス

いつか、菜の花畑で ~東日本大震災をわすれない~感想
ラフに描かれたマンガ。震災の時に実際にあっただろうエピソードを、作者が描かれています。どこにでもあって、ありふれていた日常が、その日を境にどうなったのか。そういうことを考えました。印税が支援に回されるとの事で購入。時を見て、読み返そうと思いました。忘れないために。
読了日:1月14日 著者:みすこそ
聲の形(1) (少年マガジンコミックス)感想
読み切りを読んでいたので、購入。将也の悪気のなさ、楽しさもわかるが、それが自分に返ってくるくだりが、さらに良くわかる。再会した二人の今後がとても気になる。
読了日:1月14日 著者:大今良時
14歳のカミングアウト―性同一性障害を乗り越えて14歳のカミングアウト―性同一性障害を乗り越えて感想
作者である主人公の苦しさもさることながら、色んな子供が、色んな状況で、必死に生きているということを強く感じました。
読了日:1月14日 著者:三峰有生
僕の父は母を殺した僕の父は母を殺した感想
すごく重かった。母となった立場として、子どもとしての作者の気持ちを思うと本当に苦しい。それでも、父を憎む気持ちがなくなり、生きていてほしいという作者の思いもとてもよくわかった。死刑に正解はないし、被害者遺族の感情や加害者遺族の感情にも正解はない。
読了日:1月14日 著者:大山寛人
結婚ライフビギナーズ―これで安心!結婚ライフビギナーズ―これで安心!感想
今更結婚というわけでもないけど読んでみた。 結婚って楽しいものだなあというのが良くわかる&結婚までの流れとか、性格の違いとか、間の読み物も充実している。
読了日:1月15日 著者:森越ハム
7年目のツレがうつになりまして。7年目のツレがうつになりまして。感想
ツレうつその後。イグの死や、育児の話などもありつつ、ドラマや映画の話など、ツレうつシリーズが出てからどういうことがあった家の総括という感じ。ツレさんが病気についてだいぶ距離を置いてみている(病気に注目しなくなっている)のがよくわかりました。うつ病が回復していって、時間が経つとこういう風に、日常が新たに続いていくんだなあと感じた。
読了日:1月15日 著者:細川貂々
星の王子さま星の王子さま
読了日:1月26日 著者:サン=テグジュペリ

読書メーター

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック