【オフ会】オフ会について、その4。満足度。

 オフ会の内容についてですが、私の場合は、こんなことを意識していました。

 一回目のオフレポ。

 【手帳術】オフ会しました!|部屋も思考もスッキリ&大事なものを見落とさない生活のためのブログ

 一回目は、参加者四人で、私も、

  一人は一度オフ会をご一緒しただけ
  一人は顔を知っている?くらい
  一人は初対面

 だったので、

 人数が少ないこともあり、ほとんどが初対面に近いメンバーだったので、まずは場の雰囲気を和らげたいと考えていました。

 で、考えたのが、アイスブレイクを取り入れることでした。

 四人で手軽で、あまり抵抗なくできることと考えて、「実は」という言葉を使った自己紹介を取り入れました。
 (詳細は上記記事でどうぞ)

 二回目は、ちょっと方向性を変えて、ちょっと自分の気付かない部分を自分で発見ということで、マンダラチャートを使って自己紹介を提案してみました。

 
 【あな吉さん手帳術】鹿児島で☆あな吉さんゆる~りオフ会第2回!|部屋も思考もスッキリ&大事なものを見落とさない生活のためのブログ


 三回目以降はこの人数だとあまり気を配ることはないので、私は何をしているわけでもないのですが、鹿児島でのオフ会の経験から思ったことを書いてみます。

 オフ会に参加して、楽しかった、よかった、と言う満足度に何が関係しているのかと考えると、以下のような点になるのかな、と思いました。

 ・手帳の使い方についてヒントをもらう
 ・手帳の使い方で、新しいアイデアを知る
 ・自分の手帳や、生活の問題点などについて話す
 ・自分の話を、同じことをしている人に聞いてもらう
 ・人の話を聞いて、共感したり、コメントしたりする
 ・オフ会に参加している実感を得る

 簡単に言うと、しっかり話ができて、しっかり聞いてもらえたか、ということだと思うのです。

 主婦って(主婦に限らないですが)、自分の生活のこまごましたことを、普段人にあまり話したりしないですよね。
 なんとなく、誰もができていると思っていることを「うまくやれないなあ」と悶々としつつ過ごしていたりします。
 特に手帳を使うと、どういうポイントがうまくいかないのか、と言うのもわかってきます。

 そういう普段は人に話せないことを、共有して、解決策を提示してもらったり、アイデアをもらったり、共感してもらったり。

 ついでに、かわいいマステや手帳グッズを教えてもらったり、おすそ分けしてもらったり


 これが、オフ会の楽しさだなあと思います。

 なので、ある程度人数は多すぎないほうが、このあたりの関係性を深めていくにはいいのかな~と思います。

 あとは、狭い世界にならないように、ということだけ意識しておかなければな~とは思っていますが。

 なので、人数が増えてきた場合は、極力誰もが一度は話の主導権をもって場の中心に出るように、(さりげなく)フォローできるようにしたいと思ってます。
 その方が、オフ会の満足度は上がるんじゃないかな、と考えています

 (ええ、まあ、偉そうに言ってますが、私が何もしなくても、皆さんちゃんと皆さんのお話を聞かれてますけどね

 あ、満足度について書きましたが、あんまり意識しなくても、大抵楽しく過ごせると思います。
 オフ会に参加する、ということは、オフライン(日常生活)で、そのことについて話す相手がいない、ということです。
 ということは、興味があることの話が他の人とできる これだけで、十分楽しいし嬉しいですよね
 
 次は、最後に主催をすることについて書いてみようかなと思ってます。

この記事へのコメント

  • 成り上がりROCK社長への軌跡!! 河井勇輝

    TITLE: 1. コメントしていきます!!
    SECRET: 0
    PASS:
    どうもはじめまして!たまたまですが訪問させていただいたので、コメント残して帰ります☆僕はバンド活動をしている様子をブログにアップして楽しんでいます^^お互い更新頑張りましょう!楽しみにしています!
    2013年03月25日 16:46

この記事へのトラックバック